記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファインモールド(モデルグラフィックス) F-14 その3

マガジンキット付属の最終号も発売されたので、製作再開です。

CJ4GknBUYAMited.jpg

A、B型への改造で必須となるチンポッドは、ハセガワから流用。ハセガワのキットを参考に取付穴をあければ、本来の穴もうまく隠れてくれます。なお、AXX-1テレビカメラユニットはレンズの表現がイマイチなので、削孔後にHアイズを裏返してはめ込んであります。
このあたりは、フジミの方が出来が良いです。

CJzVtZIUkAAse4x.jpg

イランのF-14は米軍機に行われた改修がフィードバックされていないので、垂直尾翼上方の補強版がキットとは異なっています。キットから逆改造しても良かったのですが、実験の意味も込めてハセガワから古いタイプの尾翼を流用。幸いにも分割位置がほぼ同一なので、わずかな削り合わせで取り付けることが出来ました。

DSCF1603.jpg

右垂直尾翼にあるDECMアンテナを再現しているキットは初めてだと思います。残念ながらD型固有の装備なので、Bにする場合は削りましょう。

DSCF1593.jpg

キットではGPSアンテナがシャープなモールドで再現されています。当然イラン仕様機にはないので削り、周辺の隙間も埋めて面一に。

DSCF1604.jpg

これは非常に細かい点ですが、キットの増槽(左)は後端部が球状になっている古いタイプを再現しています。B型は引退直前の機体を再現するため、新しいタイプの特徴である切り落とし型(右)としました。こっちの方が継ぎ目処理が楽ですし…なお、最近のイラン空軍では増槽が枯渇したのか?搭載している例は見られません。

DSCF1606.jpg

シートはハセガワとアイリスを使用。アイリスは一回り小ぶりですね。シートベルトやフェイスカーテンハンドルはエデュアルドのカラーエッチングです。

DSCF1608.jpg

インテーク内部を塗るついでに尾翼も塗装、デカールを貼ってみました。10代の頃はロービジ+ブラックテイル至上主義でしたが、最近はハイビジが気になって仕方がありません。

1/72なら瞬殺できると思いきや、パーツ構成が複雑なだけあって結局1/48と手間はあまり変わらず。塗装面積は少ない分早く終わるはずなので、B型は来週の完成を目指したいところです。




スポンサーサイト

コメント

連日猛暑・・・

毎日凄まじく暑いですねぇ~~

なんと!月刊誌5月号:海賊旗特集で
やっておられたとは!!
これは全く気づきませんで 大変失礼しました(汗
月刊誌ですので、もはや店頭には・・・
どこかで見つけましたら拝見します

車やガンプラも!?
それも是非、拝見したいですねぇ~

車と言っても
フォーミュラカー、ハコGT、ラリー、市販車と多岐ありますが・・・
トラックもありますが・・・
どこを?
研ぎ出し も、されているんでしょうね

ガンプラまでも!
それは嬉しいですなぁ~

キタキツネさんですと・・
00 以降くらい?になるのか??
ユニコーンとか?


あ・・ あれ? AFVは?(笑)


ハイビジマーキングにも興味が出てきましたか?(笑)
良さも判ってきた と言う感じですかね?
だんだん好みが変わってくるのは、ある意味当然と思います。

今回は スォーズメンをチョイスですか
いいですねぇ
VF32はやはりAIM54を6発積んだ有名な写真を思い出します

色々と見事なマーキング部隊が多いですけど
やはり最初の実戦部隊VF-1/VF-2は
個人的に外せませんねぇ~
他もいっぱいありますけどね
やはりグレイ/白 塗装時代ですねぇ


では、完成を楽しみにしております
途中経過も、もちろん(笑)

Re: 連日猛暑・・・

あまりの暑さに塗装が出来ず、作業停滞中です。

車は市販車をメインにGT、ラリーなどなど、なんだかんだ4年で30個ほどは作りました。
結局、モデルカーの高品質・低価格化に萎えて興味を失ってしまいましたけれども…
ガンダムは0083が一番好きなので、HGUCでF2ザクが出たあたりからは燃えましたね〜最近はREのガーベラを買う寸前で思いとどまりました。
いずれも、ネタが尽きたらUPしてみたいとは思います。

船、AFVはどうにも機会が無く、当面は飛行機で作りたいキットが多すぎるため手を出さないと思います。

VF-32は一番好きな部隊ですのでデカールもほぼ全時代分持ってはいるのですが、キットの難易度が高くなかなか着手できませんでした。今回の引退記念塗装も、面白味は無いのでファインの1/72が出なければ作らなかったと思います。

VF-2の創立20周年記念ハイビジ塗装なんかはD型で作れるので迷いましたが、結局D型すら回避してしまいました。
トムは機体のカッコよさ以上にマーキングの華やかさも魅力なので、国産で作りやすい1/48も期待したいところです。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。