記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAKS2015 レポート 謎の航空機たち

MAKSが開催されるジューコフスキー飛行場は、試作機の聖地としても有名です。
GoogleMapの航空写真は2000年頃から更新されていないとみられますが、Su-47やMiG-1.44など魅力的な機体が多数確認できます。

以下、MAKS会場および駐車場から目撃した特徴的な機体を紹介します。

DSCF1723.jpg

Il-38の電子偵察型でしょうか?レドームを多数搭載し、異彩を放っています。

DSCF1728.jpg

入場ゲート横には、Tu-204やTu-144が多数放置されています。その奥には、続々と新造されるスホーイ・スーパージェットの姿も見られました。

DSCF1760.jpg

なかなか衝撃だったブランの尾翼。ゴーリキー公園に展示されていたものを引き上げてきたようです。その奥には、旧型のA-50メインステイも見えます。

DSCF5197.jpg

Su-27LLでしょうか。推力変更ノズルが特徴でしたが、左は通常型に換装、右側は取り外されています。

DSCF5206.jpg

この画像は非常に興味深い一枚です。

DSCF5206-2.jpg
左に見られるのはMiG-31のようですが、よく見ると主翼付け根部がM型のように延長されています。かといって、キャノピーは通常型と同じように見えることから、2機のみ製造されたといわれるMiG-31Dではないでしょうか?
mig31d.jpg
写真はもちろんほとんど資料も残っていないため、本当にD型だとすれば非常に貴重です。
(2015年9月22日追記)
このMiG-31はMiG-31M 青の057号機であると、2007年のMAKSで確認されていました。隣にいるAn-12との位置関係を考えても、間違いないでしょう。キャノピー形状の把握を誤ったのは、シートがかぶさっていたためでした。
当時の画像はこちらから↓
http://forum.keypublishing.com/showthread.php?76907-Zhukovskiy/page2 


その奥に見える茶色のスプリッター迷彩機は、9.12フレームのMiG-29SMT(9.18)デモンストレータですね。
1297445.jpg



DSCF5206-3.jpg
2245844.jpg


さらに右に移ると、サンドとグリーンのフランカーが見えます。一瞬、Su-30Mのデモンストレータかと思いましたが、グリーン部分の幅が狭すぎる上、すぐ後ろに見えるブルーの機体と比較すると明らかにキャノピーのふくらみが低く、単座型であると判断できます。

su27_5.jpg
と、いうことはSu-35の709号機でしょうか?そういう目で見ると、確かに前縁フラップが下がって、その前方にはカナードも見えるような気もします。

DSCF6605.jpg
DSCF6602.jpg

駐車場の奥で何かが光ったので最大望遠で拾ったところ、インド海軍のIl-38でした。インドは5機のIl-38を運用し、ロシア海軍に先駆けて近代化改修を行ったことは報じられていましたが、まさかロシアで見られるとは驚きでした。

DSCF2277.jpg

最後に最も謎めいた機体を紹介。遠方の簡易ハンガー内に見えた機体はSu-27IBやSu-32FNなど、Su-34の試作機あたりかと思っていました。

DSCF5370.jpg
しかし、翌日に駐機位置がわずかに移動し、機首部があらわになると状況が一変します。主翼付け根からつながるエッジはレドームより前で完全になくなっており、Su-34系とは明らかに異なっています。レドーム付近に走る斜めのパネルラインや給油プローブとその下の四角いアクセスパネルの位置関係を含め、Su-27KUBと似通っているようにも見えます。

↓Su-32FN
Su-32FN.jpg

↓Su-27KUB
su33aa.jpg

しかし、キャノピー前部透明部分は明らかにSu-34のものであり、給油プローブ付近で透明部が途切れるSu-27KUBとは異なります。Su-27KUBは2機製造され、ダブルカナードや推力変更ノズルが搭載されたものの、Su-33の後継にMiG-29Kが採用されたことにより開発が凍結されたといわれてます。もしかすると、量産に向けてSu-34とキャノピーガラスを共用化した仕様が製造されていた…のかもしれません。

こんなミステリアスな機体を見て、妄想を膨らませることができるのもMAKSの大きな魅力です。



スポンサーサイト

コメント

お宝発見!?

色々と撮影されましたねぇ~
いいですねぇ

しかし 諸外国では気を付けてください

ましてロシア
ちょっとこい!って 色々没収されても不思議はないですから(苦笑)

それなりに定期的?に
漁船も拿捕してくれますし(閉口)

1.44は隠居しちゃいましたか?
もっと古い
ベルクトはまだ飛んでいる(ですよね?)と言うのに

ブラン!!
Tu144!!etc etc
西側のパチモン(笑)も色々と楽しめましたね
近くで見られたら最高だったでしょうけど

Re: お宝発見!?

警備の兵士の目の前でカメラを向けても注意が無かった場所、および以前にもネット上で画像が公開されている箇所をピックアップしているので大丈夫かと思います。写真を撮る勇気はありませんでしたが、工場の格納庫内にはさらに怪しげな機体がいくつか見られました。

MiG-31は完全に非稼働機といった印象でした。エンジンまで一品ものなので、二度と飛ばすことはできないでしょう。
Su-47はまだ生きているんですか?MAKS2003以降は音沙汰がないと思っていましたが…

ちなみにTu-144はもう1機がレストアされ、地上展示されました。長蛇の列で並ぶのは避けましたが、当時のまま保存された機内も見ることが出来ました。


> 色々と撮影されましたねぇ~
> いいですねぇ
>
> しかし 諸外国では気を付けてください
>
> ましてロシア
> ちょっとこい!って 色々没収されても不思議はないですから(苦笑)
>
> それなりに定期的?に
> 漁船も拿捕してくれますし(閉口)
>
> 1.44は隠居しちゃいましたか?
> もっと古い
> ベルクトはまだ飛んでいる(ですよね?)と言うのに
>
> ブラン!!
> Tu144!!etc etc
> 西側のパチモン(笑)も色々と楽しめましたね
> 近くで見られたら最高だったでしょうけど

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。